純米大吟醸 獺祭 登龍門

(商品番号:543914)

販売価格(税込) ¥ 2,640

今回のペア(鈴木 白彬・冨山 元気)〇予約期間:4月10日~ 〇お届け予定日:4月20日~22日
「獺祭 登龍門」は若き蔵人が2人1組となり、洗米から上槽(搾り)までの造りの工程全てに取り組み、それぞれのペアが考える「獺祭らしさ」を表現します。
また、蔵人として培ってきた技・知識を表現し、一人前の「獺祭の匠」となるための1つの通過点として「獺祭 登龍門」は存在しています。

  • 化粧箱入り
  • 専用紙袋付
  • 要冷蔵
  • 熨斗対応可

お酒本来の美味しさをお楽しみいただく為、届きました商品は冷蔵庫にて保管し、お召し上がり下さい。

コメント

今回担当した2人の想いを紹介します。

DSC02475

 

(写真右)鈴木 白彬  すずき きよあき 27歳 所属:製麹チーム

 

ー参加のきっかけは?

 

今回の登龍門で4回目の挑戦になります。前回、前々回よりも格段に自分が出したい味に近づいていました。今回は自分の感覚と数値を上手く組み合わせて、より自分が出したい味を出せるようにしたいとおもいます。今まで以上にお客様が満足できる日本酒を作り上げたいという想いから参加しました。

 

ー実際やってみてどうでしたか?

 

自分が思っていた通りのお酒が出来たと思います。麹もできる限り狙った通りのものを作り上げることができました。また仕込みの経過では苦戦したところもありましたが、結果的にいい方向に働き、上手くいきました。今までのことを全て活かせたと思います。

 

ー今回の体験は貴重でしたか?

 

今回の登龍門はとても貴重な経験だったと思います。この登竜門を始める前にホテルの和食レストランで2か月間ほど会社の出向で研修をしていました。その中で実際にお客さんの声を聞いて見て、今回行った登龍門のイメージを考え、どのような獺祭がお客様や料理に求められるのかを考えてみました。その体験を活かして、今回の登龍門は自分が思うお酒造りの新しい味方や考え方を身につけることのできる体験だったと思います。

 

ー出来上がったお酒を誰に飲んで貰いたいですか?

 

今回、このような機会を下さった会長や社長に飲んでいただきたいです。また家族や友人の方々にも飲んでいただきたいです。そして、お客さんのお食事の場に並んで飲んでいただけると幸いです

 


(写真左)冨山 元気  とみやま げんき 29歳 所属:上槽チーム

 

ー参加のきっかけは?

 

入社以来上槽チームに所属しており、これを機に酒造りの全体像を把握し、知見を深めたいと思うと同時に、先輩方が楽しそうに登龍門の酒造りをしている姿に憧れて参加を希望しました。

 

 

ー実際にやってみてどうでしたか?

 

酒造りの難しさを痛感しました。

過去のデータは沢山ありますが、それ通りに作業を行えば美味しい酒が出来るということはまったく無く、常に米の状態、気温や水温に注意を払いながら繊細な作業の上で酒が出来上がるということを感じました。

 

ー今回の体験は貴重でしたか?

 

600kgの山田錦を自由に使わして貰え、多くの部署で手助けやアドバイスをしてもらえますが、基本的に2人1組で思い描いた理想のお酒を造っていくというのは特別な経験でした。

お酒が出来上がって、試飲をしてもらい、美味しいと言ってもらったときの嬉しさはいつまでも忘れることが出来ない思い出です。

 

ーお客様へのメッセージ

 

100%の自信を持っておすすめ出来る獺祭登龍門を造ることが出来ました。

皆様の食卓に寄り添える獺祭登龍門であることを願っています。

 

■旭酒造ホームページには、今までのペアのインタビューも掲載しています。公式ホームページはこちらから

仕 様

重 量 1220g
容 量 720ml
購入上限について
  • いずれの商品も、1回のご注文でご購入いただける数量の上限を設けさせていただいております。
  • 製造量が限られております為、お1人当たり、1日のご注文上限を21,600ml、また各月のご注文上限を32,400mlとさせていただいております。

何卒ご理解の程、よろしくお願い致します。