ガンバ大阪 創立30周年記念

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 特別記念ラベル 720ml

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 ガンバ大阪30周年記念ラベル

 

旭酒造とガンバ大阪の出会い

旭酒造 会長 桜井博志は現在、大阪府豊中市を拠点に活動する日本センチュリー交響楽団の理事長を務めております。

昨年、交響曲を聞かせ造られた「 獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 交響曲 ~磨~」ですが、商品に聞かせていた交響曲は『 磨 』という曲は獺祭の製造過程や発酵過程などをイメージして作曲家の和田 薫様によって手掛けられた楽曲でその楽曲を演奏されたのが日本センチュリー交響楽団でした。大阪府豊中市や山口県周南市で披露コンサートも行われ繋がりがあり、そういった中で日本センチュリー交響楽団にガンバ大阪をご紹介をされました。

 

彩のある生活

獺祭では、今までにファッション、伝統芸能、音楽など様々な文化とのイベントなどを行ってまいりました。スポーツもそういった文化のひとつだと考えております。

獺祭は、美味しいお酒を飲んで人生を豊かにして欲しいという思いで造っており彩りある生活をより良くする一つのツールとしてお手伝いが出来ればという形から今回の取組みに至りました。

 

楽しんで頂きたい

獺祭の代名詞とも言うべき磨き二割三分。

華やかで雑味のない綺麗な味わいから「誰が飲んでも美味しいお酒」として多くの方から、人が集まる席やお祝い事に利用される事の多い磨き二割三分。

ガンバ大阪の30周年の歩みを讃える場でサポーターの皆様などで喜びの共有の場面で美味しさも共有して、より良い楽しい時間をお過ごしいただければと思います。

 

購入する